PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

輪廻転生

 お盆だからこのお題な訳ではありませんが。 

 先日、会社の後輩から「3,600gの男の子を無事出産しまたー」との
 嬉しい報告がありました。
 
 華奢な体で初産なのにBigなBaby。。。ちょっと難産だったとの事。
 でも、育てるのにはスタート楽かもね なんてやり取りをした奇しくも翌日、
 二十年来の友人の訃報が届きました。


090429_1401~010001
 同じ歳の気のおけない男友達。
 彼がTV番組の制作会社に入ってからは
 時間もなかなか合わず、ここ数年は
 年に1度会うか会わないか。

 
 今年も、共通の友人達と一緒に
 ビアガーデンに行こうよとのお誘いをしたら
 返ってきたのは奥さんからの彼の訃報の
 知らせでした。





私から、彼の急逝を友人達に伝える事になろうとは・・・・。
いつも元気いっぱいで、仕事も遊びも全力投球だった彼。
奥さんには常々、「いつ死んでも悔いが無い」と言っていたそうです。
でも、どんなに太く濃く生きてたとしても・・・やっぱり急で早すぎたよね。


よく一緒に遊んでいた頃の事・・・・同じ歳だったから
私の方がお姉さんだと思ってたけど、甘えてたのは私の方だったなぁって今思います。
彼と居るのは、女友達とも恋人とも違う心地良さでした。
そんな思いや、彼との様々な出来事を思い返しても実感が湧く訳も無く・・・・。
友人達と御線香をあげに伺い、彼の遺影を前にしても
ただただ不思議な気持ちなだけでした。

奥さんに聞く話は、勿論私の知らない彼の一面・・・では無く多面。
そしてきっと彼は、私達から奥さんに、奥さんの知らない彼の暴露話をされないかと
ハラハラしていた事と思います。
私達が腰をあげた時は、この程度で済んでホッとしてたろうね(爆)


私に彼を紹介してくれた友人は彼と幼馴染です。
無邪気な時から多感になる頃を共にした彼女は
大人になってから彼と知り合った私達とは、「思い」が殊更違うようです。
彼女が哀悼の意を表しています。


最後に会った時、彼がめずらしく
「今度生れてきたら・・・・・・・」なんて、冗談とも本気ともつかない事を私に言いました。
いつもの如く、 何言ってんのよ とその時は受け流したけど。

本当にそうなるかな!? 多分、来世もそれは無いと思うヨ(笑) と私は独り呟いちゃいます。


今この瞬間以外は何が起きるかわからない・・・・・
悔いが残らないなんて、きっと私には無理だけど
小さい事に拘って無いか?  先延ばしにばかりしてないか?
思ったらまずは動けよ 思いはきちんと伝えよう 彼にそう言われてる気がします。

そして裏腹に思うのです。
どんなに日々を大事に生きても
思い残さないことなんて、少ないのではないかな と。


明日は送り盆、いよいよ送らなくては・・・です。

080713_1020~01








| おしゃべり | 11:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://serendipity57.blog21.fc2.com/tb.php/230-b80070ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。